設備仕様


構造

価値を高めて住み継がれるために。

  • 直接基礎(独立基礎)工法
    建物をしっかり支える直接基礎(独立基礎)工法
    杭が不要な直接基礎(独立基礎)工法は、安定した地盤で建物全体を支える工法です。
    ※一部の基礎の支持層には、周辺の構造物に影響が及ばないように地盤改良工法を採用しています。
  • コンクリート強度
    押しつぶす力に耐えるコンクリート強度
    コンクリートの強さを示す圧縮強度(単位面積当たりどれだけの荷重に耐えられるか)は約33~45N/mm²。地震などの押しつぶす力に強さを発揮します。
  • 水セメント比
    ヒビ割れ・鉄筋劣化を抑える水セメント比
    セメントに対する水の量を50%以下に設定(水分を少なくすることによりヒビ割れや鉄筋の劣化を抑制)。躯体構造の耐久性を高めています。
  • 柱帯筋
    主筋をしっかり固定する柱帯筋
    柱の主筋を束ねる帯筋は溶接閉鎖型を採用。両端を溶接・閉鎖することで主筋をしっかり固定し、耐震性と耐久性を高めています。
  • 約250mmを確保
    リビング・ダイニング・居室の床厚は約250mmを確保
    遮音性を考慮したフローリングや床スラブなどを含めた床厚は約250㎜。床の不陸をおさえるために下地調整材を採用しています。(注1)
  • 耐久性を高めた外壁
    結露防止に配慮して耐久性を高めた外壁
    外壁のコンクリート厚は150㎜。磁器質タイルもしくは吹付塗装を施し、コンクリートの中性化を抑止。内側は発泡ウレタン(断熱材)とプラスターボードの間に空気層を設けて結露を防ぎます。
  • 遮音耐火間仕切壁
    遮音性の高い遮音耐火間仕切壁
    高度な遮音性能と耐火性能を備えた通常よりも厚い戸境壁を採用。約159㎜の壁厚で厚さ約500㎜のコンクリート壁相当の遮音性能を有しています。
  • チドリ配筋またはダブル配筋
    耐久性・構造強度を高めるチドリ配筋またはダブル配筋
    コンクリート壁には、チドリ配筋またはダブル配筋を採用。シングル配筋に比べてヒビ割れが起きにくく、構造強度のアップなどの住宅性能も高めます。
  • コンクリートかぶり厚
    鉄筋コンクリートの劣化対策コンクリートかぶり厚
    構造躯体の劣化を防ぐために鉄筋を包み込むコンクリートの厚さ(かぶり厚)を建築基準法で定められた数値より約10㎜厚く設定。住宅性能表示制度の劣化対策等級3(最高ランク)の基準に沿っています。
  • 耐震スリット
    構造体への負担をやわらげる耐震スリット
    万一の強い地震の際に壁面全域のヒビ割れを抑制し、主要構造体の柱・梁を守るため、非耐力壁との間に、耐震スリットを設けています。
    ※一部の壁を除きます。
  • サヤ管ヘッダー方式
    流量が安定したサヤ管ヘッダー方式
    専有部の給水・給湯配管には、漏水の危険性が少ないサヤ管ヘッダー方式を採用。複数カ所で給水・給湯しても安定した流量が得られます。
  • 直結加圧式給水
    新鮮な水を供給する直結加圧式給水
    加圧ポンプを利用して水道管から直接各住戸へ水を供給するシステム。衛生的で安全な水を供給できます。
  • 排水管
    遮音対策を施した排水管
    住戸内の居室に接する排水竪管は、グラスウール一体型遮音シート(カンペイシート)を巻き付け、排水音を軽減させています。(一部除く)
  • 建物変形対応玄関ドア
    大きな地震に備えた建物変形対応玄関ドア
    玄関ドアは地震の影響でドア枠が歪んでも開閉できる設計。万一、大きな地震が起きたときに避難通路を確保しやすくなっています。
  • ホルムアルデヒド対策
    シックハウスを抑えるホルムアルデヒド対策
    建具やクロスの接着剤などには、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質が出ないか極力低減したもの(F☆☆☆☆等級)を使用しています。
  • エアコンスリーブ
    季節にあわせた快適空間をエアコンスリーブ
    リビング・ダイニングと洋室1・2には、エアコンを設置できるスリーブをご用意しています。
    ※A1・A2・Bタイプの洋室3・4、Cタイプの洋室3は除く。
    ※エアコンはオプションです。




ページトップへ